top of page
  • t-kobayashi58

象は鼻が長い?

日本語の主語の論争。「象は鼻が長い」の主語は「鼻」ですね。「象」は主題。これから話を始めるテーマ、議題と言ってもいいですね。よく出る例として「私はカレー」、「俺はウナギ」。勿論、私=カレーでもなく、俺=ウナギでもありませんね。

日本語は主題を一番先に持ってきます。そして動詞は一番後ろですね。そして主語はわかりきっている場合省略が前提となります。英語、中国語などは主語と動詞はなるべく近くに置こうとします。そこで日本語は、主題と動詞の間にいろいろな修飾語が入りこみ、さらに句読点のない文章になるととても読みづらい文章となります。

実際にあった契約書の一文で、「甲は客集めが可能な限り乙に一任する」。わかったようなわからないような。。意味は「乙が客集めが可能な限り、甲は乙にそれを一任する」でしょう。しかし、翻訳はあまり意味を補いすぎるのはリスクを伴います。原文が曖昧のときは訳文は意訳と曖昧の中間くらいを狙うのがベストだと考えております。上記の例はParty A will entrust Party B to the extent possible to attract customers.になりました。

閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

カナダがハーグ条約締結国へ

2024年1月11日、カナダがハーグ条約加盟国となりました。かつてはハーグ条約加盟国はざっくり欧米諸国が多く、アジア、中近東、アフリカは未加盟のため在日領事認証を取り付けるというイメージでした。それがここ数年で大きなところではブラジル、サウジアラビア、シンガポール、フィリピン、インドネシア、中国と加盟国になっていき、残るはタイやベトナム、マレーシアなどのアジアの一部とアフリカ諸国のみとなりました。

中国がハーグ条約締結国へ

11/7より中国がハーグ条約締結国となるため、書類の認証はアポスティーユでよいことになります。ただ、これまで中国の領事認証はチェックが大変厳しかったこともあり、アポスティーユが付いていれば現地の当局が受け入れるかどうか、はなはだ疑問に思っています。 公文書は原本に外務省アポスティーユが必要か否か? 大学卒業証明書など外務省アポスティーユが取れない書類は宣言書を付けて公証役場でアポスティーユを取るの

ジャパニーズイングリッシュ

私たち校閲チームは日々ジャパニーズイングリッシュと格闘していると言っても過言ではありません。日本の公文書にも平然と現れるジャパニーズイングリッシュ。これはEnglishではなくイングリッシュ風ジャパニーズな訳ですね。 例えば会社登記簿などに出てくる「タレントの育成」。これは子供の英才教育をする訳ではなく、日本人であれば何となく意味がわかりますが、これを英訳するとき違う単語をあてがうのは勇気のいるも

Comments


bottom of page